NGな洗顔方法とは

クレンジング同様に洗顔も方法によってはお肌に負担を掛けるプロセスといえます。

それだけに正しい洗顔方法でスキンケアをしたいところですが、正しい洗顔ができていない人が多いようです。

このページでは先ずはやりがちな間違った洗顔方法について紹介してみたいと思います。

泡立ちが少ない

洗顔する際に大切なのは泡の量です。
泡の量が少ないと、洗顔料の濃度も高くなり摩擦の原因になってしまいます。
洗顔時にはしっかりと泡立てをして、お肌との摩擦を減らして洗顔しましょう。

こすり過ぎ

先ほども書きましたが、洗顔に摩擦は厳禁です。
汚れを落としたくてついゴシゴシと洗いたくなるかもしれませんが、洗顔は摩擦で洗うのではなく泡で汚れを落とすのです。
丁寧に優しく洗うことで角層を傷つけることを防ぎます。

すすぎ不足

洗顔の大切なプロセスの一つに「すすぎ」があります。
特に髪の毛の生え際や小鼻周辺など泡が残りやすい部分もしっかりと洗い落としましょう。
くれぐれもこすらずに優しくすすいでくださいね。

長時間の洗顔

しっかりとお肌の汚れを落とそうと丁寧に洗っていると、ついつい長時間洗顔をしてしまいます。
「中には10分くらい掛けて洗顔しています!」なんていう人も。。。
洗顔を丁寧にするのは良いことですが、洗顔料は洗浄剤です。
長時間使用していると、どうしてもお肌に負担が掛けることになります。
そのことは忘れないで洗顔しましょう。


あなたの洗顔方法に上記のことが当てはまりませんか?

もし思い当たる節があったら、気をつけていきましょう。

NGな洗顔方法とはの詳細

【タナカミネラルソープ】

バナー原稿 160×600 (110707)imp

公式サイトはコチラ