トップページ > 洗顔の基礎知識 >  洗顔料の形状別特徴

洗顔料の形状別特徴

洗顔料には複数のタイプがあります。

それぞれのタイプによって特徴がありますので、洗顔料を選ぶときの参考にして下さい。

【固形石鹸】
シンプルな固形石鹸は余分な油をあまり含まないタイプが多いです。

【洗顔クリーム】
肌への負担が強いものから弱いものまでたくさんの種類があります。
しっとりタイプでは40%前後の油分を含み、肌に油膜を残すことでしっとりさせています。

【パウダータイプ】
洗顔フォーム同様に洗浄力の強弱は幅広くあります。

【泡タイプ】
泡立てが面倒という人に人気の泡タイプですが、便利な反面として強い界面活性剤を配合している商品もあります。

【洗顔料を使わない洗顔】
最近流行している洗顔料を使わずに「ぬるま湯」で顔をゆすぎだけの洗顔方法です。
洗い過ぎによる乾燥トラブルを予防する効果がありますが、オイリー肌やニキビ肌など皮脂や角質をしっかりと落としておきたい人には不向きと言えます。

【タナカミネラルソープ】

バナー原稿 160×600 (110707)imp

公式サイトはコチラ